ありがとうございます
ありがとうございます
名前
E-mail Webpage 削除パスワード
題名 本文
この掲示板の趣旨説明とリンク

ありがとうございますに戻る



すべては言波によって受ける・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年01月18日(木) 11時21分
PC

 何事も言葉で受ける・・・・

 言葉、言霊、言波と申しますが、何事も、言波(ことば)によって、受けるのです。

 言葉ぐらいで、なにが変わるのか?・・と云う方も多いのですが、言葉がすべてを制しているのです。

 言波というほうが、ぴったりくるかもしれません。

 たとえば、うどんをサナダ虫といってしまえば、おなじうどんでも食べることができません。

 ステーキを、牛の死骸といってしまえば、もう食べることはできません。同じステーキなのにです。

 とんかつをブタの死体の揚げたヤツといってしまえば食べることができません。

 このように、言波によって、すべては受けるのです。

 それでは一番プラスの絶対のプラスの言波はなにか?>と申しますと、もちろん、ありがとうございますであり、宇宙神ありがとうございますであり、真祈りの秘奥義を伝授するための印可書であります。

 これらの絶対のプラスの言霊を一呼吸ごとに籠めるために、現実無視の鍵があるのです。

 ひたすらに素直に、一呼吸ごとに、ありがとうございますを籠めて行きましょう。

        ありがとうございます
           ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

すべての人にひびきをあわすために・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年01月12日(金) 13時51分
PC

 自分に無いものにはひびきがあわず、理解できない・・・。

 およそ、人は、自分に無い心や考えとはひびきが合わずに理解できないのです。

 そこで、どのように、いろんな種類の心や考えの人とひびきをあわすかと申しますと、その、心や考えやひびきを、自分の幽体になすりつけて(見て心であわせて観じ記憶すること)あわすのです。

 それでもいろんな種類の方々がおられるので、そのすべてを、御自分の身体に受けて救い取らんと、御仏の 四弘誓願.を立てた方々の身体を使うのです。

 それが、アンカーと呼ばれる方々の御働きで、”今”は、昌代先生、奥様、町田先生、菊次郎先生がその任にあたっておられるのです。

 先生を中心に四方に展開されるお姿は、現実無視の鍵そのものでもあります。

 先生の深慮遠謀のもと、先に先に手を打って手配される完全円満完璧大調和の御働きにありがたさで頭が下がるばかりであります。

 

      ありがとうございます
         ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

今回の護摩は大成功でした。・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年01月12日(金) 12時55分
PC

  今回の護摩も大成功でした。

 一月の新春行事で忙しい時に、ありがとうございます護摩に参加いただきまして深く感謝申し上げます。

 今回の護摩も大成功でした。

 奇跡もありました。護摩を閉じよとの指示で、護摩を閉じまして、護摩壇を見ましたら、なんと、現実無視の鍵のかたちに、護摩木が燃えて、あとの灰が、きれいな鍵のかたちになっているではありませんか?

 いつもの事ながら、先生には、勝てんなー、先生のされることは、深慮遠謀のもと、完璧にとりはかられておられるなー・・とあらためて感嘆敬服したしだいです。

 さらに、今回は、アンカーの紹介もされまして、昌代さまを中心に奥様町田先生が紹介され、先生、昌代さま、奥様、町田先生の順番に退場されたのでありました。真(まこと)にありがたい限りであります。

 もっとも人の嫌がるつらい仕事に、志願されて実践されているそのお姿に頭が下がるばかりでありました。

      ありがとうございます
         ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

ピラミッドとは・・・再説明 by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年01月12日(金) 11時42分
PC

ピラミッドとは、丸に三角と四角についてもっとわかりやすく説明してくれ・・・とのご要望ですが、・・・・

 ピラミッドとは、丸に三角と四角なのです。

 具体的には、完全円満完璧大調和・・・・と三大根本神力と四大根本神力のことなのです。

 これを日常生活に当てはめると、本心の自分を生きようとすることです。(笑)

 三大根本神力を簡単にいいますと、

 @与えきりに与える愛の働きの神力です。これを古事記では、やさかにの鏡と申します。これを素直といい、すべてのすべてへという光源と光の流れのことで、一大根本の神力と申します。

 Aすべてを適材適所に配置して、要らぬモノを消し去り、要るモノを生み出す神力です。これを真剣といい、草薙の剣ともうします。別名では天の浮き橋とも、エックスキャリパーとも、めなしかつまのおふねとも、申します。
 
 Bすべてを生成化育して組み合わせて、産み育てる神力です。これを謙虚といい古事記では、やさかにのまがたまともうします。
 
 四大根本神力とは、上記の言霊に、ハラという、螺旋状に舞い降り舞拡がり一瞬にして絶対の中心に舞い昇る螺旋状神力を加えます。

 三大根本神力は、このハラ神力を加えることによって、完成するのです。

 ピラミッドとは、日本語に訳すと、あめつちひひらひっと、という10文字で(ありがとうございますとも宇宙神とも言います。)申しましてこの四大根本神力の働きの設計図であり、又、光源と光の流れとなって光の進軍(輝きのこと)の基本行動パターンを示しているのです。

     ありがとうございます
       ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

言葉は行いという行動力と同じ力がある・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年01月10日(水) 17時04分
PC

  言葉は行いという行動力と同じ力がある・・・・

 三途の川で、石積をしているが、いつ終わることができるのか?と申しますと、それは、一切を報い求めず与え尽くす心になったときです。

 ほとんどの人は、強制的に、石を冷たい川の中に入って洗って、それを又、河原に持って来て積み上げるときに、こんだけ大変な思いをしてやったことなのだから、なんらかの褒美をもらえると思ってするのです。

 それを小さい意識といい、報い求める心というのです。現世では、自分と他人を分け隔てて責め裁き切り刻んでしまう心です。

 そんな求める心をもって行動している間は、せっかく積んだ石を蹴り倒されてしまって、やり直しと言われるのです。

 それは、言葉に力がないと勘違いして、不用意にマイナスの言葉を積み重ねてきたからでもあるのです。

 言葉は行いという行動力と同じ力があるのです。

 ですから、一切を報い求めずに、真(まこと)の真理の言葉そのもの、つまり、真(まこと)の神さまそのものである、真祈りの秘奥義を伝授するための印可書を奉読するだけで、真(まこと)の神さまが降り立ち、すべてのすべてに、あなたの身体をとおして、真(まこと)の神さまを与え続けることができるのです。

 つまり、無意識の内に与えきりに与え尽くすことができるようになるので、通行手形となって、一瞬で、地獄が極楽に変わるようになるのです。

      ありがとうございます
         ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

三途の川はあるのか・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年01月06日(土) 12時11分
PC

 三途の川はあるのか?
 
 自分は末期癌で、余命いくばくもないが、本当に三途の川があって、その川を渡るために善行や善徳が必要なのか?・・・・という趣旨のご質問ですが、・・・・

  三途の川は実際にあります。又、自分勝手に生きてきた人や、ずるく生きてなまけて生きてきた人や 或(あるい)は、一生懸命に生きてきた人でも、自分と他人を分け隔てて小さい肉体意識で、がんばって努力してきた人も、渡ることができずに、河原で、石積をさせられて、積んでも積んでも鬼に蹴倒されて、しまいに、河原から冷たい川の中に入らされて、川の中で、半分おぼれながらもおおきい石を積み上げさせられる。(みんなが渡りやすいように石橋の基礎をつまされる)のです。

 これと同じようなことが、たとえ、三途の川を渡っても、次から次へと関所があって、いろんなことをさせられるのです。

 この関所を通るための、通行手形が、真祈りの秘奥義を伝授するための印可書です。

 でも、死んでからでは、覚えておかないと、手元に紙ではありませんので、暗唱しておくことが大切なのです。

 このことを信じる信じないは、皆さまの自由意志でありますので、強制しませんが、あとでほぞをかむことのないようにお願い申し上げます。(笑)

     ありがとうございます
        ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

絶対の中心はどこにあるか? by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年01月06日(土) 11時57分
PC

 絶対の中心はどこにあるか?

 絶対の中心はどこにあるか?・・・・という趣旨のご質問ですが、

 絶対の中心とは、時間空間の存在ではありません。

 絶対の中心とは、すべてのすべてをおおきく与えきりに与え尽くす立場のことです。

 ですから、小さい肉体意識で、つまり、自分と他人を分け隔てル意識で、与え尽くそうとしても、 たいしたことないのです。

 まずは、真(まこと)の神さまは真(まこと)の自分という立場に立って、真(まこと)のプラスの言葉を駆使する自分にならないと、すべての総責任者として、すべての責任は自分にありという、一切のマイナスを認めない立場たつことが大切なのです。

 すべてのすべてに真(まこと)の神さまを与え続ける(真(まこと)の神さまだけしか、認めない)立場に立つことが大切なのです。

 その為には、真祈りを命がけで、祈り続ける事が必要です。

 すべては真(まこと)の神さまだけ、真(まこと)のプラスだけと一切のマイナスを認めないことです。

 一瞬でも、マイナスに見たら、失格なのです。一瞬でも自分と他人を分け隔てしまったら失格なのです。

 一瞬でも、疲れたな〜なんて、マイナスに言ったら、失格なのです。

 たとえ、伏せっていても、起き上がる力がなくても、元気いっぱい、幸せ一杯、無限の無限の幸せで一杯!と、言い切る絶対の”信”が必要なのです。

  それが絶対の中心無限大の外遙か彼方無限の無限の彼方から全方向からすべてのすべてへ・・・・なのです。それを翡翠というのです。(笑)



     ありがとうございます
        ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

新年おめでとうございます。 by 河上彰延 2018年01月03日(水) 04時04分
PC

新春のお慶びを寿ぎ申し上げます。

新春早々の神事にて、臥せってしまってご心配をおかけしております。

 さて、戌年についてのご質問ですが・・・・

 戌年のいぬとは、”い”は、一瞬一瞬新たにあらたに湧き上がるという意味です。”ぬ”は、ぬるといいますように、どんどん消え去っている意味です。

 言霊で解釈すると以上のようなことになります。

 具体的には、一瞬一瞬新たに新たに神さまから頂いた生命(いのち)を、一瞬一瞬神さまにお返しすることです。

 どのようにしてお返しするか?と申しますと、もちろん、宇宙神ありがとうございますとお返しするのです。

 ありがとうございますでおかえしすることができたひとは、ありがとうございますでいいです。

 もちろん、印可書でおかえしすることもできます。

 今年の第一回目の護摩である一月の護摩は、大変に重要な護摩でありますので、どうか皆さまなにをさておいても、ご都合をつけて参加されますようにお願い申し上げます。

    ありがとうございます
       ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; WOW64; Trident/7.0; rv:11.0) like Gecko

現実無視の鍵について・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年12月30日(土) 19時04分
PC

現実無視するには真のプラスの言葉だけを駆使し続けることだと思いますが、現実無視の鍵とは何でしょうか?宜しく御願いいたします。ありがとうございます 

  ・・・・というご質問ですが、これは、12月の第二日曜日朝九時からの勉強会で、出したもので、先生が”今”という絶対の中心の奥の奥に行かれたので、そのときに、真剣に命がけで真祈りしていた方々が先生からのプレゼントとして受け取ったものです。

 それを勉強会に参加された方々で、実際にこれしかないと御自分で選ばれて使ってみて、良いと判断された方々が縁者に、教えておられるのです。

 筆者の河上だけが、特別に受け取ったわけではなく、真祈りをしていた方々が等しく受け取ることができたのです。

 ただ、先生から、もう少しわかりやすく具体的に説明せよ・・との指示を受けて、この勉強会で説明いたしました。

 言葉で説明しても、言葉と言葉の奥にあるひびきで、伝えますので、この河上だけでは、頼りないということで、先生が勉強会の会場であるお祈りの部屋の前に進講されまして、無言の真祈りのひびきで、つたない河上の説明を補佐されたものです。もちろん先生の傍らには、昌代さまがおられ、先生の真祈りの補佐をされておられました。ありがたい限りであります。

 いずれ、縁ある方々から、伝えられると思いますので、楽しみにお待ちください。

 残念ながら、文章にあらわすことは禁じられておりますので、この掲示板に発表できなかったのです。

     ありがとうございます
       ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

マイナスの言葉を使うと・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年12月30日(土) 14時15分
PC

  マイナスの言葉を使うと・・・

 マイナスの言葉を使ってしまうが、なぜ、マイナスの言葉をつかうとダメになるのか?

 ・・・というご質問ですが、

 マイナスの言葉を使うと、自分の本心を切り刻んで小さい自分をたくさん作ってしまうからです。

 人を責め裁き、ねたみ、足をひっぱろうとしてしまうのは、マイナスの切り刻む行為になるのです。

 そして、他人だと思って責め裁き切り刻んでいる、相手も、本当は、本心の自分を切り刻んで分け隔ててしまった、自分なのです。

 このことがわからないと、いつまでも、言ってやらないとわからない・・とか、忠告してやろうとか、自分と他人を分け隔てて、いつまでも責め裁き切り刻みあうことになるのです。

 このことから抜け出すためには、無限の無限のプラスの言葉だけを使い続けることです。

 その言葉が、宇宙神ありがとうございますであり、ありがとうございますです。

 せめて、1時間ぐらいは、ひたすらに素直にありがとうございますと唱え続けて祈り続けなさい・・は、先生の昔のお言葉ですが、これをさらにすすめて、一呼吸ごとにありがとうございます、宇宙神ありがとうございますと祈り続けましょう。

 その為に、現実無視の鍵があるのであり、理屈抜きに、祈り続けて、先生のお手伝い、神さまのお手伝いをしましょう。

     ありがとうございます
        ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

新着順1〜10件/全3998件

    

Ir-i-BBS version 1.85b
Copyright (c) 1999 by Irao
管理人モード

ありがとうございますに戻る