ありがとうございます
ありがとうございます
名前
E-mail Webpage 削除パスワード
題名 本文
この掲示板の趣旨説明とリンク

ありがとうございますに戻る



先祖供養の先祖とは・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年11月21日(火) 09時14分
PC

 すべては完璧なる一つ!

 人は、常に感謝を選ぶか思い巡らす心を選ぶかを問われているのです。

 すべては完璧なる一つ!・・・この言葉を体得できたら、真(まこと)の感謝ができているのです。

 ご質問は先祖供養についてでありますが、すべては完璧なる一つ・・・に答えが隠されています。

 以前申し上げましたが、悟りの世界とは、時間空間を超えた世界です。

 つまり、一切の過去も未来もないのです。あるのは、”今”一瞬一瞬新たに新たにだけなのです。

 おわかりですか?先祖も親も兄弟もすべての人も、御自分そのものなんです。
 
 だから、先祖供養の先祖とは、御自分そのものなんです。

 ですから、”今”一番大事なことは、真(まこと)のプラスの言葉を駆使する自分です。

 一呼吸ごとに、宇宙神ありがとうございますと籠め続けましょう。

      ありがとうございます
         ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

40歳までは、神さまからの恩恵で決まり・・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年11月21日(火) 08時48分
PC

  40歳までは、神さまからの貯金で動き・・・・

 およそ、人は、自分の人生を自分で歩んでいるように勘違いしていますが、40歳までは、神さまからいただいた、この現世(うつしよ)を平和にするようにという貯金で動いているのです。

 もちろん、過去世を言うのはルール違反ですが、過去世からの徳に応じてその運命に大小はあります。

 本日申し上げたいのは、40歳からの言葉の使い方が特に重要であると言うことです。

 40歳からの言葉の使い方にマイナスが多ければ、つまり、自分の人生に悲観したり、或(あるい)は、他人を責め裁いたり、他人をねたんだり、怨んだりすると、40歳以降の自分の運命をおおきくおとしめ、又、徳を失って、その風貌もいやしくなって、さらには、性格もいやしくなって、周りの人から嫌われる人生を歩むことになるのです。

 40歳を過ぎたあなた、これからは、すべて、御自分の責任で言葉使いが決まるのです。

 少しでも、マイナスを選んだら地獄に転落していくのです。

 では、40歳を過ぎたら、どうするか?

 一切のマイナスの言葉を使わないことです。すべてをプラスにプラスに見て、神さまの絶対の愛を信じて、なにがあっても、ああ、一番良いようになっていると思い定めて、ひたすらに、ありがとうございますありがとうございますありがとうございますと、或(あるい)は、宇宙神ありがとうございます宇宙神ありがとうございますと一呼吸ごとに籠め続けることです。これを現実無視といいます。

 40歳をすぎてから、他人を責め裁き、批判し、ねたんでいたら、あっという間に転落する人生になりますよ。

       ありがとうございます
           ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

まいのりとは一切の現実は無視するところから・・・・ by 河上彰延 2017年11月21日(火) 04時23分
PC

   真祈りとは一切の現実を無視するところから・・・

 いろんなおしかりのメールが来ますが(笑)皆さま、ちゃんと、受け取れましたか?

 自問自答を言われてからの先生のお話の意味がわからずに、いまだに、思いの心で、あれこれ考えるようでは、なにもわからないのです。

 感謝の心とは、一切の現実を無視して、一瞬一瞬新たに新たに受け直す事から始まります。それを、一瞬サーとおっしゃっているのです。

 つまり、一切のマイナスの言葉を選ばず、真(まこと)のプラスの言葉を選ぶだけ、つまり、宇宙神ありがとうございますだけ!とおっしゃっているのです。だから、一瞬サーなんです。

 真祈りの伝授以来、先生は、絶対の中心にいらっしゃるのです。もう、思い巡らす心には、いちいち相手の合わせてお話しない・・となっているのです。だから、一瞬サーなんです。

 それが、もう一段厳しくなったのです。

 真祈りの伝授のあと、先生が自殺を図ったなどとのたまう馬鹿者がいたわけですが、現実を掴んでいるから、本当のことが見えなくなるのです。

 昌代ちゃんは、現実無視できるから、アンカーの重責を担っています。みんなの一切の現実を掴む思いを引き受けて、日夜苦労されているのです。

 その人の名前を借りて、いらぬことを書き込む馬鹿者がいるから、みんな惑わされるのです。

 しかし、現実無視して、つまり、一瞬一瞬新たに新たに真(まこと)の神さまを受け直すことが出来る人は、惑わされることもなく、ゆうゆうと真祈りをすることができるのです。

 今回は、この真祈りに大事な、現実無視ができる大きな鍵を受け取ることができる、先生からのおおきなプレゼントでありました。素直に一呼吸ごとに宇宙神ありがとうございますと籠めておられた方々は、受け取ることができたはずです。

 みんな、受け取ることができましたか?

 本当に先生に対する絶対の”信”があれば、現実無視することができますから、”今”の先生の本当のお姿がわかるはずです。

 あの、真祈りの伝授のときに、本当の僕を観て欲しい・・とおっしゃった意味がわかるはずです。

 昌代ちゃんはわかっています。わかっているからこそ、わからないみんなに合わせて、最後まで、アンカーとして、現実をあると掴むみんなに合わせて沿い続けておられるのです。

 その苦しみは筆舌に尽くしがたいことなのです。あまり本当の事を書くと怒られるので、この辺にしますが、どうか、皆さま、死んで持って行けない物はすべて、影なんです。現実と思って掴んでいる物もすべて影なんです。
 
 それを知って、一切の現実は無視して、ひたすらに素直に、宇宙神ありがとうございますと一瞬一瞬サーと宇宙神ありがとうございますと真祈りをお願い申し上げます。

          ありがとうございます
             ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

天の岩戸が開かれて12年・・・・ by 河上彰延 2017年11月17日(金) 07時04分
PC

 天の岩戸が開かれて12年・・・

 本日は天の岩戸が開かれて12年目です。真祈りの伝授が行われてからいよいよ3年目に入ります。

 あの22年前の大引越しの時より、口を酸っぱくして、先生の口より出る言葉に頼らず、真祈りによって、先生の御心、神さまの御心を知るようにお願いしてきました。

 なぜか?

 それは、想いの心つまり、自分と他人を分け隔てて、現実を掴み、将来を不安に想いあっちが間違い、こっちが正しいと思慮分別の心では、何を聞いても質問しても真逆に受け取ってなにもわからなくなるからです。

 すべては完璧なる一つ、すべては、真(まこと)の神さまの御働きだけ・・、という真祈りの心、ありがとうございますの心でなければ、何もわからないのです。

 いよいよ、先生がいかれます。残された私たちにすべてを託して・・・・

 いつまでも甘えて、思い巡らす心で、あっちが間違い、私たちが正しいなどというつまらぬ小さい分け隔てる心をすて、大きく、すべては一つ、すべては、自分という総責任者の立場に立って、宇宙神ありがとうございますと祈り続けましょう。

 宇宙神ありがとうございますは、老婆心ながら申し上げますが、真(まこと)の神さま神さまを褒め称える言霊です。もちろん、すべてのすべてを持っているのですが、まずは、神さまを褒め立てる言葉であることを知って、宇宙神ありがとうございますと祈り続けましょう。

     ありがとうございます
        ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/61.0.3163.100 Safari/537.36

自分の心境は何処にあるか?・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年11月14日(火) 17時53分
PC

 自分の心境は????

 正しく生きようとすれば、浅はかな自分に 反省されますが、虚栄心を消していただいているのでしょうか?宜しく御願いいたします。ありがとうございます・・・というご質問ですが、

 およそ、人は生まれ落ちてより常に自分と他人を分け隔てて、他人のことが気になるのです。これを虚栄心と申します。

 御自分の心境がどこにあるか?と申しますと、あの人の心境は自分より高いか低いか?・・なんて気にしている間は、たかが知れているのです。

 なぜか?それは、人は、常に、一つのことしか選ぶことができないようになっているからです。

 一つしか選べないから、”今”、思い描いている思いの世界に生きるのです。

 たとえば、単純作業のお仕事をしているときに、なにを思い続けていますか?

 家のこと?家族のこと?好きな人のこと?うっとしい上司への不平不満? ・・・(笑)
 
 どんな時でも、真(まこと)の神さまだけ!つまり、真(まこと)の神さまを褒め称える言霊である。ありがとうございますだけ!宇宙神ありがとうございますだけ!・・ですか???(笑)

 それ以外を思っている人は、失格であり、落第であり、いつまでも虚栄心の渦から抜け出すことが出来ないのです。

 人のことを気にしているヒマがあったら、或(あるい)は、正しく生きようと思い巡らすヒマがあったら、もっと真剣に命がけに、真(まこと)の神さまだけを思い続ける必要があるのです。

 その真剣さの奥に悟りの心境があるのです。つまり、すべて、真(まこと)の神さまの御働きだけ・・の心境があるのです。

 そこまで真剣に真(まこと)の神さまだけを思い続ける、つまり、一呼吸ごとに常にありがとうございますと籠めることです。

 常に一呼吸ごとに、宇宙神ありがとうございますと命がけで籠め続けることです。

 そうすることによってこそ、初めて、絶対の中心が実感でき、先生のいらっしゃる心境を共有できるのです。

 それは、一大循環の相象(すがた)があるかないかではなく、すべてが融合一体化したすべてのすべて・・なのです。

    ありがとうございます
       ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

命がけで真剣に祈ってこそ・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年11月10日(金) 19時55分
PC

 まだ、悟っていない????

 伏せっていることが多くご心配をおかけしております。

 さて、印可書がわからん、印可書は悟りそのものか??・・というご質問ですが、その通りです。印可書は悟りそのものです。印可書は、いつもいつも、一瞬一瞬新たに新たにが書かれているのです。つまり、一瞬一瞬新たに新たにがわかることが悟りです。

 一瞬一瞬新たに新たにとは、自分というものが一切なくなることです。

 自分というものが一切なくなるとは、これは、自分のものとつかむことや、自分と他人を分け隔てルことがなくなることです。

 思い巡らす心で、考えてはダメなのです。

 たとえば、一大循環の相象(すがた)とは、思い巡らす心で、考えると、無限の空間が拡がっているように思い込んでしまうのです。

 そんな一大循環の相象(すがた)はありません。(笑)

 すべては完璧なる一つであり、完璧なる一つとは、絶対の中心を自覚できてこそ初めてわかるのです。

 絶対の中心というと、思い巡らす心では、はるか彼方だけ・・となるのですが、ありがとうございますの心では、すべてのすべてという、”今”此処に(ここに)となるのです。
  
 とにもかくにも必要なことは、真祈りだけです。

 宇宙神ありがとうございますを一呼吸ごとこめて、ひたすらに祈りつづけてこそ、初めて、すべてのすべてが実感できるのです。

 いらぬことを思い巡らして、理屈で考えることをやめ、ひたすらに、宇宙神ありがとうございますを一呼吸ごと籠めて、真剣に命がけで、祈り続けていきましょう。

 もうこれしかないんだと、御自分の自由意志で、命がけで選んでこそ、命がけで祈ってこそ、真祈りになっていくのです。

     ありがとうございます
         ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

最高の徳を積む方法・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年11月08日(水) 04時52分
PC

 最高の徳を積む方法・・・・

 因縁因果の世界では、徳の有(あ)る無(な)しで、運命が決まるというが、なにをしても上手く行く人は徳があり、徳の無い人は、なにをしても上手く行かないという言うが、では、どうすれば、運命改善し、徳を積むことができるのか?・・・という具体的な現実的なご質問ですが、

 最大の徳を積む方法は、真祈りです。(笑)

 でもね、皆さまは、無意識に祈ってもしかたない、祈っても効果がない・・と思い込んで、否定しているのです。

 ですから、真祈りしようとしないし、真祈りできないと卑下慢(ひげまん)になるし、せっかくの徳を積むチャンスを失うのです。(笑)

 実際この現世(うつしよ)では、徳がないと、なにをしても上手く行かないのです。

 これだけ努力したのに、上手くいかない、と言う人は、多いのですが、努力を言い訳にしても、徳が無ければ、なにをしても失敗するのです。

 真祈りすれば、徳は、真(まこと)の神さまからの、無限の無限の輝きが無限に無限に一杯!という、新たなる全徳の無限の無限の輝きが無限に無限に一杯!と受け継ぐことができるのです。

  自分には、真祈りできないと卑下慢(ひげまん)に思う人は、宇宙船護摩木を書いて、ありがとうございます護摩に参加しましょう。

 毎月毎月なにを差し置いても、参加しましょう。

      ありがとうございます
          ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

すべては心の壁の問題・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年11月07日(火) 10時36分
PC

 すべては心の壁の問題・・・

 真祈りできるか出来ないか?・・は、すべては心の壁の問題であったのです。

 皆さまは、常に、自分はこれだけの者・・と無意識に、御自分と他人を分け隔てル心の壁を作っているのです。

 この心の壁に他人の相象(すがた)を御自分の想い通りに映し出して、ああだ、こうだと責め裁き批判し一喜一憂するのです。

 本当は、御自分の心に思った言葉通りに映し出しているだけに過ぎないのですが・・・・(笑)

 この邪魔な心の壁をどうしたら、取り外すことができるのか?或(あるい)は無くすことができるのか?・・・と申しますと、それは、以外と簡単なのです。

 出来る出来ないは関係ないのです。ただただ、志し(こころざし)として、どうか、神さま、私のこの生命(いのち)神さまのお仕事にお使い下さい。自分の願いや欲望は、とりあえず、横に置いておきますから(おいておけなくてながされてもいいんです。志しが大事なんです。)神さまのお仕事のお手伝いさせてください。ひたすらに、宇宙神ありがとうございますを一呼吸ごと籠めますから・・と願いを立てれば良いのです。

 そうすれば、宇宙神ありがとうございますを一呼吸ごと祈るごとに、神さまが使ってくださいますから、いつや知らぬ間にあっという間に心の壁が消え去って、本来の無限の無限の存在である、本心の自分を自覚することができるのです。(笑)

     ありがとうございます
        ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

心に思ったものになる時代・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年11月07日(火) 10時22分
PC

 10月27日を境に大きく変わったとは・・・・・

 10月27日を境におおきくなにが変わったのか??・・・というご質問ですが、一番おおきく変わったことは、心で、観じ、見て、思ったものになる・・ということです。

 ですから、不用意に、オカルト映画を見れば、御自分もその映画の中にあった、オカルトの存在になっていくのです。

 不用意に他人をねたみ、他人を疑えば、ねたんだだけ、疑っただけ、責め裁いただけ、いやしい御自分になっていくのです。

 ある意味恐ろしい時代ですが、現実無視できる皆さまは(一瞬一瞬新たに新たに神さまありがとうございますと受け直すことができる皆さまは)、ますます、真祈りが深まっていく御自分になれる時代なのです。


      ありがとうございます
         ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

真祈りが出来るようになりたい・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2017年11月07日(火) 17時11分
PC

 真祈りが出来るようになりたい・・・・

 真祈りが出来るようになりたい・・・というご質問ですが、

 大丈夫です。誰もが真祈りができるのです。

 その条件とは、現実無視することです。

 現実無視出来ないとは、自分と他人との分け隔て、つまり、他人を我が事のように思えない意識のことですが、この分け隔てを意識するヒマがないくらい、宇宙神ありがとうございますを、一呼吸ごと以上に籠め続けることです。心で唱え続けることです。つまり、真(まこと)の神さまだけを思い続けることです。
 
 少しでも他人の事が気になる間は、ああ、まだまだ、自分という小さい肉体意識に閉じこもっている、しまった、と気付いて、絶対の中心無限大の外遙か彼方無限の無限の彼方から全方向からすべてのすべてへ・・という真(まこと)の神さまの全存在に意識を向けることです。

 それを、宇宙神ありがとうございますというのです。

 皆さまは、そんな遠い遠い存在と勘違いしているのですが、印可書にある、すべてのすべてへというところに気付けば、ああ、真(まこと)の神さまは、常に”今”此処に(ここに)いらっしゃる、ああ、真(まこと)の神さまと不離一体だったんだ、”我”真(まこと)の神さまなり・・・と実感できて、楽に真祈りできるようになるのです。

 とにもかくにも、真(まこと)の真理の言葉である、宇宙神ありがとうございますを積み重ねて、絶対の”信”を確立するごとに、自覚が深まっていくのです。


     ありがとうございます
        ありがとうございます


Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

新着順1〜10件/全3978件

    

Ir-i-BBS version 1.85b
Copyright (c) 1999 by Irao
管理人モード

ありがとうございますに戻る