ありがとうございます掲示板
ありがとうございます
名前
E-mail Webpage 削除パスワード
題名 本文
この掲示板の趣旨説明とリンク

ありがとうございますに戻る



山より引用・・・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年08月08日(水) 13時12分
PC

宇宙神ありがとうございます
8月の護摩焚きで河上さんがお話して下さった内容を載せさせて頂きます。

ありがとうございます
8月にまたお会いできて、嬉しいです。昨日の夜の10時半頃、先生からおまけ通達在りましたので、またお話できます。良かったです。

質問が一つ、来てましてね。「何も私、悪いことをしてないのに…」っていう質問ですけどね、何も悪いことしてなくて、普通に生活しているけど、私は普通に天国に行けるでしょうか?みたいな質問だったんですけども、これは、答えは、地獄に落ちます。これが、小人閑居して不善をなすっていうやつなんですね。神さまのおすがた、現世(うつしよ)の大自然のおすがた観たらわかるんですけど、与え切りに与え尽くすでしょ。太陽でも光を与え切りに与えて、平等にくる。雨でも、ごく自然に降って、一番下座に下座に流れていくじゃないですか。それは、与え切りに与え尽くすというすがたなんですね。神さまのおすがたというのは、常に与え切りに与え尽くすという偉大なものなんです。

みんな、この「宇宙神ありがとうございます」を祈ってますけども、この「宇宙神ありがとうございます」を小さく捉えているね、まだね。小さく捉えているから、さっきの「別に私、悪いことしてないのに、人に褒められてしかるべしなのに…」っていう感じの話になってくるのね。この世で何も悪いことをしてないというのは、悪なんです。マイナスなんです。それ、わかって下さいね。

一番大事なことは、神さまのお相象(すがた)に真似てですね、与え切りに与え尽くすという事なんです。何を与え尽くすかというと、真の神さま、宇宙神を与え尽くすというのが一番素晴らしいことなんですね。それは、一呼吸ごとに「宇宙神ありがとうございます」を今、込めてもらってますけども、それが一番、与え切りに与え尽くす心の一番良いすがたです。だって、途切れなくお祈りできるじゃないですか。ただ、そこで「私、何も悪いことしてないのに…」っていう質問が何で出るか?お祈りしているのに、何で出るかということですけど、それはね、結局、「宇宙神ありがとうございます」が小さいの。小さいから、まあ言われているから、宇宙神ありがとうございますって呼吸に乗せておこうという感じでね、小さく捉えたままにしているんですよ。小さく捉えて、自分で縛っているから、「自分、何も悪いことしてないのに…」みたいになるんですね。「宇宙神ありがとうございます」を大きく捉えていたら、自分は真の神さま、宇宙神をすべての人に与え尽くしているっていう感覚になるんですけどね。そうならないというのは、まだ祈り言葉が小さい。小さいと祈りにならない。それは、何で小さいか?何で祈り言葉を小さく捉えてしまうかというとね、結局は、真剣さが足らないんです。自分は真剣なつもりだって言うかもしれませんけど、真剣さが足らないんですね。何で真剣さが足らないかって言うと、自分のことはもう横に置いといて、ほっといて、神さまの為にどうぞお使い下さいっていう投げ出し方が真剣さ。
完璧に投げ出したら、真剣って言えるのね。でも、ちょっと自分のことも何かしてほしいという願いが少しでもあると、もう真剣じゃないの。それだったら、どんどん崩れていくんですね。だから、ともかく「神さまの為にどうかお使い下さい」ってね、例えそれで自分が今一瞬で死んでも、呼吸が止まってしまってもいいですぐらいの覚悟がいるんです。そこまで投げ出したら、宇宙神というのが凄く大きくなる。大きくなるともう自在になっていくんですけどね。これ理屈じゃないんです。今、理屈で説明しましたけど、理屈で説明するとちょっといびつなんです。理屈じゃなくて、真祈りなんですよ。それは「どうか神さま、お使い下さい」って言う、真剣に投げ出すという真祈りなんです。「どうか神さまお使い下さい」と投げ出すのを決意して、神さまに示す為に、「宇宙神ありがとうございます」って込めるんです。それを込めているとね、「宇宙神ありがとうございます」が真(まこと)の悟りのすべてっていうのがわかります。或いは、真の神さますべて、宇宙神のすべてだってわかってきます。それ、理屈じゃないんです。だから、祈るしかない。今までの人は、なかなか祈りでわからないものだから、理屈でわかろうとして、余計崩れちゃうんですね。

ともかく、「宇宙神ありがとうございます」或いは「ありがとうございます」言葉もそうなんですけど、真の悟りのすべてが含まれているんです。え〜って言う感じに湧いたら、まだまだ。あるいは、朝、目が覚める時にね、パッと目が覚めて、「宇宙神ありがとうございます」が出ているようだったら、かなりわかるんです。他のこと思っているうちは、わかんないです。それって、自分では投げ出しているつもり。自分では神さまの為にどうかお使い下さいって投げ出しているつもりだけど、どこかで生活が大事とかね、なんか自分を守っているの。無意識に。それが消えるまではね、呼吸に乗せて下さい。それで、ちょっとでも自分を守ろうとする意識は、先生がどんどん消しながら応援するからっていうことなんでね、今は、基本的には、先生が「宇宙神ありがとうございます」って仰っているのですから、言える人は「宇宙神ありがとうございます」って呼吸に込めて下さい。勿論、込めにくい人は、「ありがとうございます」でもいいし、本心の16項目でもいいんですけど、先生がわざわざ「宇宙神ありがとうございます」を指定されている時は、素直に、できたら「宇宙神ありがとうございます」でやって下さい。自由を縛って言っているんじゃなくてね、やはり、師に習う、師に添うというのが大事だと思うんですよ。先生がおまけを下さっている。僕がしているのと違うからね。先生が神さまがおまけを下さるのだから、そのおまけを下さる言葉が「宇宙神ありがとうございます」って仰っているんだから、素直にそれを使える人は、使って下さい。どうしても使えない人は、自由にどの言葉を使っても、それは大丈夫です。ただ、どこまで真剣になれるかという真剣さをね、神さまに示す。神さまに示すというのも変な具合なのよね。神さまは全部わかっておられるからね。自分自身に示すんです。小さい自分で示して、どんどん大きい自分に入れ替えていくという、その言葉として、「宇宙神ありがとうございます」になります。

先々月、説明しました、「宇宙神ありがとうございます」の宇宙神の大きさというのは、現代科学でわかっている全大宇宙を、無限倍に集めて、またそれを無限倍に集めてという、何倍も無限に無限に無限にって重ねたね、そういう偉大な大きさなんですよ。だから、イメージでは掴めない。言葉では掴めない。だから、素直に先生の後押しに乗せてもらって、呼吸にね、ひたすら淡々と、「宇宙神ありがとうございます」と込めて下さい。その通りにお仕事ならお仕事、御三どんなら御三どんをして下さい。今されている、毎日やっている、当たり前のごく平凡なことが真祈りに繋がるんです。それを忘れて、滝に打たれて祈らないとダメだとかね、みんな勘違いしているんですよ。毎日の平凡な繰り返し、繰り返しじゃないですよ。毎日ちょっとずつ変わっていくんですけど、一瞬一瞬新たに。現世と言えども、一瞬一瞬新たにですからね。ちょっとずつ変わっていくんですけども、それでも平凡な繰り返しに飽きて、滝に打たれないとあかん。なんか川に入らないとあかん。海に入らないとあかんとかね。座禅組まないとあかんとか、色々変わっちゃうんだけど、それちょっと違うんですね。それは自力と言って、自分でどうこうしようという意識なんです。自力の自分と言うのは、小さい肉体意識の自分なんですね。そんな小さい肉体意識の自分で何をやったってね、地球一つ変わらない。だって、自分の意識で地球の裏側にすらわからないじゃないですか?行けないじゃないですか?。だから、自力ではどうしようもないんですね。かと言って、「先生お願い」「神さまお願い」って他力にしたってダメなんですよ。それは無責任なだけで、全然本物にならないですね。本物は何か?と言ったら、自分の自由意志で、「どうか私の命、神さまのお仕事にお使い下さい」って宣言することなんです。その宣言の裏書ですね。自分で宣言したことを間違いなくしますというサインとしてね、「宇宙神ありがとうございます」を呼吸に込める。その「宇宙神ありがとうございます」の宇宙神というのは、唱えるごとにどんどん大きくなるって、意識していればいいです。ただ言葉の「宇宙神ありがとうございます」じゃないってね。わざわざ先生がお作りになった、神さまと約束されてできた祈り言葉なんですね。だから、「ありがとうございます」ではみんなできなかったから、宇宙神って付いているので、付けて下さいね。必ず、みんな真祈りできるようになりますから。それは実観でわかります。人から言われてではなくてね。

何かここまでで質問があれば聞いて下さい。「宇宙神ありがとうございます」についてでもいいです。

無いですね。ともかく、「私、何も悪いことしてないのに…」っていうのだけはね、勘違いしないで下さいね。積極的に祈るから、本物のプラスなんです。何もしてないと言うのは、マイナスなんです。この世での善行ってあるじゃないですか。駅前での掃除とか、奉仕作業とかありますけども、それもマイナスなんです。プラスではないです。もし、一切人に教えずに、誰にも見られないところでしたらプラスにはなります。でも、それよりは、毎日のお仕事を、御三どんの中で「宇宙神ありがとうございます」と込めるのが、一番のプラスです。神さまの与え切りのすがたの象徴なんです。

先ず、心をどこに置くか?なんですね。心を真の神さま、宇宙神に置いてもらう為に、祈りを込めてもらっています。先ず、心をどこに置くかが大事なんです。心をどこに置くか?なんて言うとね、みんな迷うので、ややこしいことを言わずに、常に「宇宙神ありがとうございます」って呼吸に、その一呼吸に込めてもいいし、その五呼吸に分けてね、「宇宙神ありがとうございます」を込めてもいいし、ともかく、途切れないようにして下さい。もし途切れても、必要で途切れたんだからと言って、自分を責めないことです。みんな光ですから、自分を責めるということは、神さまを責めるということなんです。あ〜、また自分こんなんしてしまった、なまけてしまったって、責めたらダメなんです。それを忘れないで。自分を責めると、本当に地獄に落ちます。

(質問者)
真剣になるには、呼吸ごとに「宇宙神ありがとうございます」と言っていれば、だんだんだんだん真剣になっていくのか?それとも…

(河上さん)  なります。

(質問者) それでよろしいんですね。それ以外の…

(河上さん)  要らん事を考えることないです。先生が後押ししているから、ひたすら素直に込めていればなります。込めている間にする作業は、全部神さまのお仕事になるんです。みんなね、自分で勝手に自分のやっている仕事は、つまらないと決めているの。わかる?
つまらないかすばらしいかは、神さまが決めること、それは。お祈りを込めていたら、全部素晴らしい仕事なんです。どんな良いことをしていても、お祈り込めてないやつは、偽物なんです。祈りに始まって、祈りに終わるって言う。

呼吸に「宇宙神ありがとうございます」込めていてもね、先ず祈ってから。例えば、お腹空いてる時、すぐご飯を食べようとするでしょ?お腹空いている時に、すぐご飯を食べようとしていると、これは思いに流されている。お腹がどんなに空いていても、先ず祈るの。するとね、何を食べたらいいかがわかる。そしたら、太らないし健康になる。ただ、お腹すいたら食べようとするでしょ?要らんものを食べて太るし、病気になる。或いは、風邪をひいたり、病気の時も一緒。お医者さんに行く場合じゃないんですね。病気になったら、先ず祈るの。そしたら自然に、どこの病院に行こうかとか、どこの接骨院行こうかとかね、勝手にわかってくる。そうして行くのが大事なんです。それを祈らずに病院に行くでしょ?つまらん病院行ってね、関係ないところをほじくられるの。先ず、祈りに始まって、祈りに終わるっていうのが大事なんです。それが大切なんです。

今まではね、先生が生きていらっしゃる頃は、みんな先生に頼っていたのね。先生を信じてないの。頼っているの。あーもう、こうなったら先生が何とかしてくれるやろう、となるわけね。先生が何とかしてくれるやろうというのは、求める心なんですよ。わかります?求める心は、先生助けようがない。だから、山作業というのをね、そういう質問があったんですけど、何で先生は、山作業をさせるようになったんですか?という質問があったんです。それは、与える心を創らす為なんです。普通のお仕事だったら、与える心になりにくいから、先生のところのお仕事で、奉仕作業をさせて、与える心、奉仕という与える心を創らせておくと引き上げれるから、先生は始めた。それなのに、山仕事して来てやった、しに来てやっているんやとか、畑仕事しに来てやっているんやという形で来ると、ちょっと値打ちが減るのね。

(質問者) さしていただいているんだ、という

(河上さん)  
さしていただくという、神さまの為にお使い下さいと来るのはいいんですね。先生が生きていらっしゃる時よりも、今の方がもっと極端に効くんです。何でかと言ったら、すべての人に先生が立っていらっしゃるから。もうちょっとのことでも一瞬で効くからね。だから、ある意味、先生が逝かれてからはね、みんな厳しい立場に立っているんです。ちょっとこれくらいはいいかなって言うので、グサーッと落ちるし、常に、祈りに始まって、祈りに終わる。例えば、息抜きしたい時でもね、ちょっとしんどいし、ちょっと休みたいわと言う時も、先ず祈る。そしたら、本当に休んでいい時は休みたいと思うし、祈ったら元気になって動ける時もあるし、祈って動けじゃないですよ。先ず祈るんです。全部終わる時も、先ず祈る。そしたら、もっと片付けて帰った方がいいのか、或いは、ちょっと準備体操して帰ったらいいのかとか、そういうのも、わかるんです。

(質問者)
【聞き取れませんでした】

(河上さん)
それもせずに、バーンと終わって帰ってくるから、疲れたとなる。

(質問者)
やる前と終わりには、必ず祈って。

(河上さん)
1秒でいいから、一言でいいから、祈る。そのうち慣れてきたら、それがもっとできますからね。その心が大事なんです。いつも神さまに心を向けているという姿勢が大事なんです。
思いに流れて苦しむのは何かというと、神さま以外のものに心を奪われた時なんです。神さまを忘れている時。食べ物にとか、異性にとか、お酒にとか、ビールにとかね。やっぱり酒飲まなあかんとかね。その時は、思いに流れて苦しむ。それを流れないように、いつも心を神さまに向け続けておく為に、呼吸に乗せるのよね。呼吸はいつもあるから。それがもう癖というか、自然になってくるとね、「宇宙神ありがとうございます」という言葉が要らない。神さまを指す指は要らない。呼吸がそのまま、真の神さまそのものと自覚できます。

そしたら、先生いつもね、祈り言葉を唱えておられなかったんです。祈りのご本尊の先生がね、「ありがとうございます」と唱えているのをあんまり見ないでしょ。それはもう、祈り言葉を超えておられた。この今の自分を観てほしいって、3年前の8月は、よく言われたんですけど、誰も見てくれない。そういうことなんですけどね。でも、それが今度は、皆さんが自覚できる。必ず後押しするからって、求める心を出すのはやめて、ひたすら神さまにお使い下さいって投げ出してくれって先生が言ってますので、素直に投げ出して下さい。それも、「何々する」って捉えることはない。

先ず「宇宙神ありがとうございます」と祈ることが、神さまに投げ出して、神さまのお手伝いになっていますから、先ずそれをして下さい。それをしていたら、自然にあれしよう、これしようって出ます。それをやれば、あっという間に変わっていきます。やっぱり、みんなお仕事していて、疲れるのは何でかと言うと、神さまの為にしていると思ってないから。何か自分の為にしているし、嫌やなぁーってどんどんどんどん疲れるのね。今お勤めになっている会社、つまらん会社って自分で思っていてもね、そこでやる、お祈り込めてする仕事は、神さまのお仕事なんです。それを忘れてはいけない。水って多い所にしみわたるでしょ。だからみなさんの会社のお仕事も、どんなお仕事あります、どれも大事な仕事なんです。本当は。でも、それはお祈りしないとわからない。大事な仕事とわからないと値打ちがない。だから、祈りを込めて、普段のお仕事をして下さい。そして、余裕があれば、どんどん村にお手伝いに来て、山仕事・畑仕事して下さい。お願いします。ありがとうございます

後質問あります?
なければ長くなるので、この辺でみんな暑いしね、終わりますけど、いいですか?
また、おまけがありましたので、9月まで楽しみにしています。今日はね、あっちの世界の方がお盆ですから沢山来ています。お帰りになる時も、祈りを途切らさずに、もう下の蛍の橋あたりまでは、押すな押すなのぎゅうぎゅう詰めなんですよ。萱原とかあの辺も、一杯集まっておられるのでね、お祈りしながら帰って下さい。お願い致します。
ありがとうございます
音声はこちらからどうぞ。

https://youtu.be/jvFZKl-HOnk

http://arigatougozaimasu.top/free/akb481/43


[/101.141.44.67] Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

テープを聞いても救われない、本当に祈りを実行してこそ・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年08月06日(月) 15時46分
PC

 本当に本当に、必要な大事な大切なことは、「ありがとうございます」「宇宙神ありがとうございます」と心に唱え続けることだけである。

 ほかのことはすべて、救われを邪魔しているだけである。


 ありがとうおじさんの本を読んでも、テープを聞いても、本当に救われるのでは無いのである。そんなことを喜んでいるのは、思いの世界の話である。

 そんな人が1億人できても、神さまは少しも喜ばない。神さまの何のお役にも立てないからである。

 『ありがとうございます」『宇宙神ありがとうございます」と祈りを実行してくれる人だけが、神さまのお役に立てるのである。

 祈りを実行してくれる人の誕生を、神さまは切に切に願い続けているのである。


 本を読んで喜ぶ人は、本を読んで喜ぶ人をふやすだけである。テープを聞いて喜ぶ人は、テープを聞いて喜ぶ人を増やすだけである。

 本当に「ありがとうございます」「宇宙神ありがとうございます」と祈りを実行する人をふやす為には、自分自身が祈りを実行する以外、方法は無いのである。

 自分自身が祈りに祈って、祈り続けることだけが本当の神さまのお手伝いになるのである。

 ありがとうおじさんも、名無しの権兵衛も、つまらない教えを立てて、しゃしゃり出てはいけないのである。出しゃばってはいけなかったのである。

 「ありがとうございます」の神さま以外、全面に出てきてはいけないのである。

 「ありがとうございます」の神さまと人の間に、いかなる者も物も立ちはだかってはならないのである。間に立ちはだかることは、神さまの救いを大きく邪魔することになるのである。


 「本物」と一対一の関係で常に常に向き合わなければ、決して「本物」にはなれないのである。

 「本物」は『ありがとうございます」の神さまだけである。

 にせものである人の教えにだまされてはならない。

 にせものである人の言葉に縛られてはならない。
 
 すべてのにせものを自分の中から葬り去ってこそ、本物になれるのである。


 地球人類は、長歳月の間、思いの世界に生きて来たのである。自分の思い通りになれば幸せなのだという、間違った錯覚の世界に自分を置いていたのである。

 自分の想い通りに生きようとすることは、他人を不幸にし、自(みずか)らも不幸になることに、ちょっと気づきはじめたのである。

 自分の思い通りに生きようとすれば、他人の自由を縛り、七難八苦に見舞われ、地獄に落ちてゆくのである。

 この厳然たる事実に目をそらしていては、永遠に救われないのである。

 謙虚に反省して、神さまの導きに耳を傾けなければ、幸せな自分には、戻れないのである。


 思いの世界に生きるのと、感謝の世界に生きるのとは、全く正反対の生き方なのである。

 思いの世界は、七難八苦が影のようにつきまとう世界である。

 感謝の世界は、七福八楽が光となって降り注ぐ世界である。

 


[/101.141.44.67] Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

宇宙神ありがとうございますは究極の~名・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年08月06日(月) 15時01分
PC

 『ありがとうございます」「宇宙神ありがとうございます」というのは、宇宙の大神さまの究極の~名である。

 「ありがとうございます」「宇宙神ありがとうございます」の神さまは、宇宙の大神さまである。最高の神さまなのである。

 これ以上の神さまは、古今東西どこにも存在しないのである。

 『ありがとうございます」「宇宙神ありがとうございます」と心に唱えるのは、この神さまと一対一の関係で向き合い、この神さまを感受し、一体化する為である。

 否、既に一体化であることを確認する為である。

 「ありがとうございます」「宇宙神ありがとうございます」の一言の中に、すべてのすべては存在しているのである。

 「ありがとうございます」「宇宙神ありがとうございます」はすべてのすべてである。

 「ありがとうございます」をお礼の言葉だというのは、一知半解なとらえ方である。お礼の意味も無限の中の一つとして存在しているというだけである。

 
 「ありがとうございます」の神さまの働きのすべてを把握する為の言葉は、この『ありがとうございます」「宇宙神ありがとうございます」の一言である。

 この言葉以外、何も必要としないのである。

 「ありがとうございます」「宇宙神ありがとうございます」の一言に絞り込んで、ただひたすらに『ありがとうございます」『宇宙神ありがとうございます」唱え続けているだけで、心の奥からしののめてくる。浮かび上がってくる。湧き上がってくるのである。

 この幸せは絶対に崩壊することの無い、永遠の本物の幸せである。

 ”今”、神さまは何を願い、何を必要としているか?

 ”今”、神さまが本当に必要としているのは、”今”、神さまが一番必要としているのは、ただただ、ひたすらに「ありがとうございます」「宇宙神ありがとうございます」と唱え続けてくれる人である。

 ただひたすらに「ありがとうございます」「宇宙神ありがとうございます」と祈り続けて、神さまを受け入れてくれる人である。


 地球人類は今日まで、自分勝手な思いを出し続けて、神さまを受け入れることを拒絶し続けてきたのである。

 神さまを受け入れて神我一体、不離一体とならなければ、いかなる調和も生み出すことが出来ないのに、神さまを無視し、拒絶し続けてきたのである。
 地球滅亡を前にして、まだ悪あがきし続けるのか、神さまに任せて救ってもらうのか?二者択一を迫られているのである。

 「ありがとうございます」「宇宙神ありがとうございます」と唱え続けてさえすれば、必ず救われるのである。

 「ありがとうございます」「宇宙神ありがとうございます」と唱え続けるだけで、本当の幸せを体得した人が、どんどん、殖えているのである。

 心の奥底から最高の幸せ、最高の喜び、最高の安らぎが湧き上がって、これ以上の幸せは無いという人がどんどん、殖えているのである。


[/101.141.44.67] Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

光源と光線の違いをはっきりと理解しておく必要・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年08月06日(月) 13時55分
PC

 光源と光線の違いを、絶対神と救済の神々の違いを、はっきりと理解しておく必要があるのである。

 本当の救い主は、宇宙の大神さま(宇宙神)だけである。

 どんなに救いに立つ神仏も人も、あくまで使いであり、パイプ役でしかない。

 
 謙虚に謙虚に、自我を滅却して、すべての栄光を宇宙の大神さまに帰し、本当の救い主は、宇宙の大神さま(宇宙神)であることを、はっきりと示さなければならない。

 途中でその栄光を横取りしてはならないのである。


 救われる側の人に対して、本当の感謝は、宇宙の大神さまへ(宇宙神へ)捧げるべきであることを、くどいくらいに教えなければならないのである。



 自分が自分がと”我”を出せば出すほど、パイプは、”我”の心で詰まってしまい。宇宙の大神さま{宇宙神)の救いの光は流れなくなるのである。
 
 宇宙の大神さまの救いの光が無ければ、過去、現実を掴む人の思いは消えないので、決して人は救われることは無いのである。


 救う側も、救われる側も、宇宙の大神さまに(宇宙神に)感謝してこそ、どちらも本当の意味で救われてゆくのである。


 これまで救う側に立つ神仏や人が、あまりに自我を出しすぎたのである。

 いろいろな神仏が、教祖が、教えが、わがもの顔で出しゃばり過ぎたのである。

 自我を滅却し、謙虚にしりぞいて、宇宙の大神さま(宇宙神)のみを、全面に押し出さなければならなかったのである。

 それを逆にして、自分を出した為に、枝葉にとらわれさせ、対立を生じさせたである。


 世界の戦争の根本原因は、この枝葉にとらわれた対立の思いにあるのである。

 特に宗教宗派の思いの争いは深刻である。

 枝葉の神仏が自分を主張すれば、対立が生ずるのは当然である。

 すべての神仏を束ねる宇宙の大神さま(宇宙神)が、全面に出て来なければ、収拾がつかなくなっているのである。

 だから、「ありがとうございます」(宇宙神ありがとうございます)の宇宙の大神さまが、出現することになったのである。

 『ありがとうございます」と、「宇宙神ありがとうございます」と宇宙の大神さまを呼び続ければ、宇宙の大神さまが現れて、すべての対立の思いを消し去って下さるのである。

 「ありがとうございます」は、「宇宙神ありがとうございます」は、世界平和の為の最後の切り札である。


[/101.141.44.67] Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

護摩がどれだけ、重要か・・・・ by 河上彰延 2018年08月06日(月) 04時20分
PC

昨日の護摩は最初の5分で一瞬にして完了しました。大成功であるといえます。肉体人間側の思いとは、別に、真(まこと)の神さま(宇宙神ありがとうございます)の主催される護摩が、粛々と執り行われたのです。
 
 命を神さまに真剣に投げ出す・・これを絶対奉仕といい、神さまのために生きるというのですが、なかなか、この真剣さということがわからず、ご自分の家族や団体の為に生きることをまだ、第一にしているにもかかわらず、それすら、わからぬ人が多かったのも事実でありますが、現実無視でありますので、捨て置けの指示のまま、自在に命を使うことにしたのです。

 台風のあと、お盆の状態に入っておりましたので、今回の護摩では、肉体人間より、あちらの世界の方の参加が多く、大変な混雑でありました。

 しかし、肉体人間側が、護摩の意義について、いまだ、わかっておられない方がおられますので、改めて、護摩の意義を、つまり、どれほど、護摩が必要で、どれほど、大切かを、先生のお話から、護摩の重要性を説かれた内容から以下引用します。

 護摩の護という字は「まもる」という字で、護るというのは完全なものを燃え上がらすように本物を現すという意味があるのです。

 摩のほうは麻に手で、麻を細かく切り裂いて消し去るという意味です。

 だからこれは偽物を細かく砕いて消し去る、そして本物を現すというのが護摩の姿です。

 仏教とキリスト教と神道と大きく分けると三つの働きがあるのですが、

 キリスト教は洗礼といいます。水というのは汚れを洗い流します。形の水の洗礼は模型で、霊の洗礼です。水の清めは柔らかい優しい清めです。

 護摩の方は仏教のやり方で、火の洗礼というより火の清めです。
 不動明王が中心に立ち、汚れたものでも火にかけると回りの汚れが焼けて消えて本物が出てくるのです。ちょうど不死鳥・本物が飛び立つのです。

 神道は玉串奉天(たまぐしほうてん)で、玉串というのは天照大御神様の玉体(ぎょくたい)を指すのです。元々の由来が榊・永遠の生命の象徴です。

 そこに紙垂(かみしで)階段状に作った段だらの状態のものをくくりつけます。あれは螺旋構造を表す、宇宙創造の仕組みなのです。

 玉串というのが天照大御神様の最高表現を指していて、本心の自分とか天照大御神様を指しています。それを神さまの前に捧げるというのは、捧げる時に回して逆に根のほうから捧げます。根こそぎ・自分の全てを一切を捧げ尽くして、そして神さまから新たなものを受け直すということを象徴的に動作に表しているのです。

 だから、天照大御神様の玉体を受け直すというのが本来の意味です。
 小さくいうと、小さい自分の命も全部捧げて新しい自分を受け直すという意味があり、神さまへの全托です。神さまにお任せすることによって自分のマイナスを一切消してもらい、プラスの本心の自分を受け直して、清らかな自分として出てくるのです。

 全てを包容して全部中に持つ大きい救いの働きが古神道です。

 清めというのも、浄化の浄と清らかな清と二つあって、水の清めは浄化の浄です。三ずい・水が争うというのは激しく動き回るという意味です。

 速い厳しい強い流れにさらすほど汚れが取れます。これが浄化の浄です。

 清めの方の清らかな方は、三ずいに青で、水が青いというのは本質です。この清めの方は本質を現すという意味です。表面の汚れを取るというより本質を現して清めるのです。火の清めがそうです。火にかけることによって本質が出てきます。護摩というのはそういう意味で、護摩木に自分の名前を書く、これも自分を捧げ尽くしている姿です。捧げ尽くして、例えば「ありがとうございます」と唱えると、そこは光り輝いた姿・燃え盛った姿をとるのです。一本でも明るいです。

 二本寄ると相乗効果を起こして、三本寄るとまた起こしてというように、たくさん寄るとそこが一大巨火に変化します。これは個人的な汚れを取る段階をはるかに超えてしまいます。大きい一大巨火になったら世界を照らす光になり、闇を消す・マイナスを大きく消す働きをします。そういう意味で護摩というのは大切で必要なのです。

  宇宙神ありがとうございます


[/125.4.89.215] Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/68.0.3440.84 Safari/537.36

真剣な覚悟だけが必要・・・・ by kawakammi [Mail] 2018年07月31日(火) 12時55分
PC



ありがとうございます。
祈り言葉について質問です。以前の護摩焚きのお話で、人によって縁が違うから、祈り言葉は自分の自由意志で唱えやすいものを使ってください、とありました。
呼吸が真祈りで、呼吸に乗せることによって先生が後押しされるのであれば、自分の選んだその祈り言葉だけを呼吸にのせるのは 正しいでしょうか。


 ・・・・というご質問ですが、要は、真剣さだけなんです。
 
 神さまどうぞこの命神さまのお仕事におつかいください。自分のことは、一切後回しでいいです。という真剣な覚悟だけの問題です。

 そこまでの真剣さで、なにがあっても一切文句はないです。ただただありがとうございますだけです。の覚悟がいるのです。

 少しでも助けてくれ、今の運命なんとかしてくれ・・・と求める心を起こすと、真剣さが消えて、マイナスの祈りになるのです。

 真剣に神さまにご自分のすべてを投げ出せば、一切は、自由自在となるのです。

 理屈で考える間は、まだまだ、真剣でなく、現実をつかんで、無意識に求める心になっているのです。

 宇宙神ありがとうございます


[/101.141.44.67] Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/67.0.3396.99 Safari/537.36

山より引用・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年07月30日(月) 19時16分
PC

山の掲示板を見られないということで、引用の要望がありましたので、以下引用します。


質問
あまり大阪での大きな地震って今まで無かったと思うんですけど、地震の件での、みんなのお祈りとかの件…

地震なんですけどね、地震は何で起こるか?今の地震の理論で言うと、プレートの中に潜って行ってね、潜られてきた上がバネのようにバンと弾いて地震になっているんですね。みんなそれ、素直に信じるでしょう?すごい信仰心だと思う。だってね、土はバネにならないでしょう?山仕事をしていて、土を掘っていて、バネの部分がありましたか?岩石でも割れるだけ。バネにはならない。わかります?バネでは地震にならない。もし、バネで地震になるんだったら、順番に地震になっていくはず。震源地があっちで起こり、こっちで起こりってバラバラでしているでしょ?
なんでか?地球の中心は、地球霊王さまっていうのは、中は無色透明の気体なんです。その次にマグマって言う液体になっています。その次の外側が大雑把に言って、その次の外側がこの大地、プレートなんですね。本来は、地球の中心から絶対の中心に向かって、光が流れるだけなんです。ごく普通にマグマが流れるだけなんです。流れる時に、マグマが持ち上がってくるので、土がプレートに当たって、ゆっくりと上下するんです。今皆さんの住んでいる大地って言うのは、一日に約2m、ゆっくりと上下しています。これは現代科学でもわかっています。ゆっくりと上下するのが本来の姿ですね。ところが、あいつ、さぼっているから言ってやらないとあかん。うちの子、勉強しないから、勉強しなさいと言わないとあかん、って言って、人を責めるわけです。この責める思いが戦争になるんですけど、地球霊王さまが戦争にしたら大変だからと言う事で、地震の形に変えてくれているんですね。なんで変わるかと言ったら、そのマイナスの思いが集まってくると、マイナスって横の思いなんです。プラスって縦の思いなんですね。マグマの流れが素直にスッと上へ上がろうとしているのに、横から突きさらすわけ。そしたら、プン!ってなるわけです。そのプン!となったところが地震になります。地震になっても、今回の大阪の地震のように、真祈り人がたくさん結集してお祈りしている場所では、上にスッと抜けるから、横に拡がらなかったの。これ、大いなる証明なんですね。
これからも皆さまお一人お一人の真祈りで、どこにあっても、震源地はちょっと勘弁してもらうとして、震源地の方、気の毒ですけど、大きく拡がらないです。真祈りさえ真剣にしていたら。だから、呼吸に真祈りを乗せるの、真剣にやって下さいね。

今年はまだ序の口です。来年が本番なんですね。こんなに生やさしくないので、真剣に真祈りをして下さい。すごく大事です。自分一人のお祈りなんかって言ういのは卑下慢です。みなさんお一人の真祈りがあって本物なんです。真祈り人が何人かおって、その人たちが結集して祈ったって、仕方がないの。全員が祈るから、素晴らしい。なんでか?すべては光である。みんな光である。神は光だから。みんな光なんです。だから、みんなが祈らないとあかんの。一人でもそっぽを向いたらダメなの。その祈る回数とかはね、関係ないの。真剣さなの。真剣さだけです。
来年は本番なんでね。あんまり脅かしてもいけないですけど。今年の内に練習しておきたいと思っています。十分みなさん真剣にお祈りしてくれているから、大丈夫だとも思っています。今回の大阪の地震は非常にそういう意味では大きなサンプル、サンプルと言ったら被災地の方に怒られますけども、うまくいったとは思っています。それを人に言う必要な無いですからね。神さまと自分、神さまと自分っていう、不離一体の関係の中だけのことです。他の人に言う必要は無いです。それぞれ自分の中であの時自分はどういう役割だったかって、わかりますから。分かったことを言う必要は無い。言えば虚栄心となって、崩れていく。ということです。いいですかね。質問があったらどうぞ。無いようなので。

ともかく、真祈りって、皆さんが思っている以上に大事だし、すごい力なんですよ。だから、もちろん呼吸に「宇宙神ありがとうございます」と乗せますけど、例えば、仕事を始める時は、特にお祈りする。終わった時も特にお祈りする。「祈りに始まり、祈りに終わる」というのを、肝に銘じて下さい。それが真剣さの一つの証明です。よろしくお願いします。また来月、みなさんのこの真祈りに自信を深めた姿を観たいと思います。
ありがとうございます
勉強会
NO1 https://youtu.be/EQRmNL4OASA
NO2 https://youtu.be/j5Lu50cufJg
NO3 https://youtu.be/5qCvxq_8Hko
番外編
1   https://youtu.be/8G-9cDkcmR4
2   https://youtu.be/7HMpJKRT_a4
    


[/101.141.44.67] Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

山より引用・・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年07月30日(月) 19時15分
PC

質問がだいぶん来ていますので、それ一つずつ、時間がある限り…

質問@
神さまの為にすることが絶対奉仕になるということですが、もっと詳しく言ってくれということなんですけど…

これね、スタートが間違っているのね。神さまの為に生きるって以前説明させてもらったんですけど、神さまの為に真剣に生きる、神さまの為に生きるということは、当然『真剣に生きる』なんです。だから、真剣に神さまの為に何でもするんですよ。真剣にするとね、神さまは全知全能でしょ?だから理屈が消えちゃうの。どんなに痛くても、どんなに熱が出ようが、逆にどんなに素晴らしい状態になろうが、「有難いなぁ」だけなの。「ありがとうございます」だけなの。
神さまの為に真剣に生きるとしたら、何をしていてもね、良いようになるんです。逆に、真剣に神さまの為に生きるから、いい加減なことはしないんですよ。神さまの為に生きるということは、神さまの為に生きると言いながら、何してもいいのか?質問がきているわけですけど、それ全然意味が違うね。『真剣に』するんですよ。真剣にしたら、いい加減なことはしないよね。そういうことです。
先ず、真剣さが要ります。神さまは、先ず第一に、真剣さを求めます。今、色んなおまけを下さっていますけども、『真剣さ』が要ります。いいですか。形だけ真似したってダメです。

3年前はですね、本当に印可書読むだけでという、実に緩やかなおまけがあったんですけど、もうそれは逃しちゃったんで、今は無いです。だから、『真剣さ』が要ります。呼吸に「宇宙神ありがとうございます」を乗せるにしても、真剣さが要ります。でも、真剣にやろうとしても忘れたんだよという時は、それは責めなくていい。必要で忘れたんだからっていうことで、でも、ともかく真剣に神さまの為に生きる。

例えば、神さまの為にご飯を食べる、神さまの為に歯を磨くとなるんです。そしたら、いい加減なことしないでしょ?ご飯も欲しいだけ食べるということが無くなっちゃうわけです。必要なとこで止まっちゃうんですよ。勿論、神さまの為に生きると言いながら、極端なこと言えば、人殺ししていいのか?ですけど、真剣やったら人殺しにならないでしょ?そこがね、理屈で考える人の勘違いなんです。神さまは全体を全相を全部掴まえて神さまね。だから、自分と他人、自分と神さまって分けた時点で、何もかもわからなくなるんです。真剣になれば、全体・全相が観れるんです。観じとれるの。だから、収まるの。良いように。先ず、真剣にね、神さまの為に生きて下さい。それが絶対奉仕です。

質問A
神さまの為にって、大きく捉えようとしているけど、漫画を読みたい時はどうするのか?
という質問ですけど…

漫画を読みたい時は、読んだらいいんですよ。それも神さまの為に読むの。それが大事なの。神さまの為に読むとなると、ダラダラ読まないよね、そしたら、適当なとこで止まっちゃうです。もし、止まらずに、真剣に神さまの為に読んでいて、ずーっと読めるのだったら、読めばいいんです。そこに、自分の心と相談して、真剣かどうかを常に問わなくちゃいけないです。ただストレスがあって、イライラするから漫画を読むんだって言うのだったら、それは違うのね。神さまの為じゃなくて、思いで読んでいる。

質問B
意識不明の状態でおられる方の意味は?ということですけど…

神さまは常に、一番良いようにされているんですね。意識不明の状態の方というのはどういうことかというと、その人の肉体を色んな魂が使うということです。それによって、この世に生まれてくる人の数とかは、決められてるじゃないですか。でも、あの世の人は、どうしてもこの世の体験がしたいという人が一瞬でもあるね。意識不明の人の体を使って、一瞬一瞬色んな魂が入るんですよ。もし、魂の入る時間が長いとね、いわゆる痴呆老人みたいになる。わかります?痴呆老人って、その人の人格が消えるじゃないですか。それ違う人が体を借りちゃうんですね。だから、現実の形を掴んでね、良い悪いというのは理屈なんですよ。神さまは、一番良いようにしているから、どの状態でも、その人にとっては、一番良い幸せな状態なんです。

例えば、過去世で色んな人に借りがある人はね、やっぱり今生でそれを返す為に、色んな魂に体を貸さなくちゃいけないから、意識不明の状態にもなるし、ボケの姿もあるし、色んな形があります。でも、形に捉われることもないし、その状態に捉われることもないんです。必ず必要なようになっています。

質問C
残り1%は自分の自由意志でってしているけども、上手く出来ないという質問ですけど…

これは今の先生からの特別のおまけでやって下さい。残り1%は、どうしてもイライラして、お祈りになってないんじゃないかなぁと不安になる時は、こうして「宇宙神ありがとうございます」って、図形イメージしなくてもいいです。でも、何か形イメージした方がしやすいのでね、先生からは三角すいでやりなさいということで、お願いします。

質問D
殆ど家から出られずで、寝た状態でお祈りされている方からの質問です。
40年前のことを思い出して、どんどん拡がっていくっていうことですけど…

これね、先生はね、50年前から先生のお話を僕は聞いているわけですけど、お話をね、皆にしているんじゃないですよ。先生は、お話という響きで、皆の心を向けさせといて、皆の心を清めてるだけなんです。その時にお話の大事なことは、皆の心の中に入れてある。それが必要に応じてね、皆思い出すんですよ。だから、先生のお話聞いたけど、全部忘れてっていうのも心配いらない。必要になれば出てきます。心がどんどん拡がってね、悟りの状態に入るんです。それで、悟りというので、一番大きな皆の勘違いは、修行して悟ると思っていることです。或いは、たくさん祈りを重ねて悟るってね。違うのね。どれだけ真剣に素直に神さまにパッと投げ出せるかなんです。その為に、呼吸に乗せてもらってます。真剣に呼吸に乗せて、「神さま、どうぞお使い下さい」って投げ出せば、一瞬で悟るんです。その一瞬で悟るか、暫くかけて悟るかも、自分で決めています。わかります?そういう言葉の縛りなんです。言葉の縛りさえ解けば、「ほとけ」って、ほどけるって言ってね。
先ず無意識に自分が縛っているんでね、自分どんな縛り方しているんだろう?なんて、もう考えちゃダメ。考えるとまたややこしくなる。理屈で掴んでね。だから、自分がどういう縛り方をしてるなんて考えずに、ただ呼吸に乗せて下さい。そしたら、呼吸そのものが真祈りそのものだって実感(観)できます。老子さまの言葉を借りて言えば、天地は(たくやく)のごときか。つまり、ふいごのめのようなものだと仰るんよね。呼吸だと仰る。天地の呼吸がこの肉体の呼吸でも一緒なんだっていうのがわかりますから、大丈夫です。それも先生が後押ししていますから、どうか呼吸に乗せ続けていって下さい。

質問➅
城使さんに「あかんかったなぁ」というのと「もう安心した大丈夫だ」というのと矛盾するんじゃないか?というんですけど…

これ本当は、どっちも同じ意味なんですね。理屈で考えるとわからない。ようは、そこなんですね。みんな理屈で考えちゃうの。理屈で考えると、せっかく全体捉えようとしているのに、ここ捉えるの。小さく捉えたら、何もわかんないね。自分の体でもそうでしょ?理屈で言えば人差し指もやっぱり自分でしょ?人差し指が自分だと思ったら、全体を見失うじゃないですか。全体を捉えようと思うと、真祈りしかないの。それはもう先生の「宇宙神ありがとうございます」しかないのでね。勿論「ありがとうございます」でもいいんですよ。「無限の無限の輝きが無限に無限に一杯」でもいいんですよ。今は先生が「宇宙神ありがとうございます」で後押しするって言っているのだから、素直に「宇宙神ありがとうございます」で後押しして下さい。後押しをもらって下さい。素直にもらうのが、素直な人が一番徳です。

質問F
フッと気づいた時には「宇宙神ありがとうございます」を唱えているという、かなり心境が進んだ方からの質問ですけど、お祈りしている人とそうでない人の違いを教えて下さいということですけど…

これはお祈りしている人としていない人の違いは簡単です。自分と他人を分けるか分けないか。神さまと自分を分けるか分けないか。お祈りができたら、すべては完璧なる一つ。なんです。最初に説明しましたけど、「神は光なり」なんです。光は分けれないでしょ?だから、みなさん光なんですよ、って僕、説明したと思うんですけど、それが実感(観)できます。お祈りできてない間は、あいつと自分とか、神さまと自分とかね、分けてます。分けている間は、まだまだ理屈で分けているんやなぁって、あきらめて、もう一度理屈抜きに「宇宙神ありがとうございます」と大きく受けるようにして下さい。

質問G
神さまの為にすることが絶対奉仕になるということについて詳しくということなんですけど…

神さまの為にっていうのがね、「どうかお使い下さい」っていうことなんですね。「神さま、どうかこの命お使い下さい」なんです。そうして、投げ出してくれるとわかってくるんですつまり、神さまの本来のすがたは、与え切りに与え尽くして一切報いを求めないということなんですよ。じゃあ、自分の方も、神さまに与え切りに与え尽くして、「どうぞお使い下さい」って言うだけでいいんです。使って頂いたから報酬として何かくれ、はないわけですよね。自分も与え切りに与え尽くせばいいの。そうすると、与えきりに与え尽くすという響きで、ピタッと一つになって、神さまが簡単にスッと引き上げられる。ちょっとでも悟らせてくれとか、あの人さぼっているとかね、分けて考えたら、考えちゃうと、神さまの波動と合わない。掴めないから、神さまは引き上げられないんです。絶対奉仕になるって言うのは、そういう事ですね。

絶対奉仕というのは、神さまの為にすべてを投げ出す、一切の報いを求めずに投げ出すという事なんです。だから、「神さまの為に生きる」なんです。神さまの為に生きるというのは、自分の為は一切ないの。自分の都合は一切ないの。この腕が痛くて動けないのを治してくれとか、この足時々すごく痛くなってビッコを引くけど、何とかしてくれとか、もうそんなん一切無いの。いつも神さまが良いようにされているって、素直に喜ぶだけ。喜んだら、一切良いように変わるんです。そこが、なかなかみんなわからない。だって痛いやんって、こうなる。確かに痛いよね。でも、これがただ痛いという形で現れたら楽なんです。これ貧乏の七難八苦で来てごらん。働けど、働けど、なお我が暮らし楽にならず…ってなったら大変。毎日毎日が地獄になるんだけど、一瞬の痛みで済む。一瞬一瞬の痛みが続いているだけよ。ずっと痛いんですって理屈言わないでね。一瞬一瞬の痛みが続いているだけだから、一瞬一瞬新たに使って頂いて良かった、って思えばいいんですよ。すると、何でも本当にスッと変わっていきます。質問があったらお願いします。

ともかく、真剣さが大事。「神さまどうかお使い下さい。この命お使い下さい。もうすべて何があっても文句言いません」っていう真剣さがいるんです。ちょっとでも文句が出たら、それは真剣ではない。ギブ&テイク。これだけ山仕事したから、何かしてくれよ、って言う、わかります?ここだったら、山仕事をしている時が1番大変な目をしているわけですけど、
この大変な目をしているのに…って言ったら、もう終わりなんです。ただただ、へとへとで、もう明日死ぬかもしれないっていうくらい働いて、働かさせてもらって、働かさしてもらって良かったって思えたら悟れるんですね。山仕事で言うとね。別の例で言えば、たとえばね、普通の人の病気でも一緒、痛みでも一緒。或いは、生活苦でも一緒。或いは、恐ろしいうっとうしい上司でも一緒。うっとうしい上司にボロっかすに言われた分だけ、あぁ楽になって良かったなあって思わないといけないね。それをいつまでも文句言われている、あいつにあいつが何か言いよるとか思っている間はダメ。全部自分だから、良いようになっているんです。それをわかって下さい。それが絶対奉仕です。一切文句を言わないって言うのが絶対奉仕です。ただただ。

本当の絶対奉仕は、神さま全部、どうかお使い下さいって投げ出すと、何があっても自然に有り難いしか湧かないの。ただ、湧くまでは、呼吸に「宇宙神ありがとうございます」を乗せて、神さまに響きを合わす練習ですね、練習をして下さい。以前だと、「ありがとうございます」を何万回言ったらとか、やったわけですね。これ一つ落とし穴がある。何万回言ったから、山仕事も一緒、何年も山仕事したから、と思った途端に、これは過去を掴んでいるの。わかります?せっかく苦労してきたのが全部水の泡。過去を掴んでいるの。山仕事でも真祈りでも一緒ですけど、全部練習なんです。どういう練習かと言うと、真剣になる練習。わかります?真剣になれたら一瞬で変わる。変わらないうちは、真剣でない。例えば、宇宙神ありがとうございますとお祈りを込めていても、うちの子ども、ちゃんと学校行ったかしら?とかね、うちの子どもの病気どうかしら?とか、旦那はちゃんと会社に行けているかしら?と心配することです。そんな心配していたら、それはもう真剣でないの。現実を掴んでいる。過去を掴んでいるのね。あいつに昔あんなん言われてまだ腹が立つ、と言うのも一緒。過去を掴んでいるね。もう神さまに投げ出したら、もうそんなんは一切無い。ただただ、神さまどうかお使い下さい。そしたらもう、与え尽くすに与え尽くすだけですから、使って頂いて有り難いなぁだけなのね。そうなったら、サッと変わります。みんな実感(観)できるし、ちゃんと全員実感(観)できるようにするって先生が仰るんだから間違いないです。真剣な人が多いから、また1か月おまけがあったので、8月に向かって頑張って下さい。また8月にお会いすることを楽しみにしています。ありがとうございます


[/101.141.44.67] Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

山より引用・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年07月30日(月) 19時13分
PC

皆さん、ありがとうございます
昨日のお昼頃にね、先生からおまけをまた頂きましたので、もう一度お話することができます。非常に良かったと思います。これ、皆さんが真剣だから、おまけが頂けるので、真剣な人が減ったら無くなりますので、よろしくお願いします。
それで、まだ現実ってどうなんや、ついつい現実に心が向いてしまうんだ、引っ掛かってしまうんだ、というお話なので、ちょっと現実ってどういうものかというのを説明します。

現実というのはね、ここにビニール袋を持って来たんですけども、これは、透明なビニール袋ですね。二重になっているのは、入れ子構造の代わりだと思って下さい。これが無限の無限の輝きの模型だと思って下さい。皆さんが「自分は神霊である、霊である」と思う時は、この平たい、本来は立体でけど、無限の無限の輝きのままなんですね。「自分は魂である」と思ってしまうと、これはがこういう感じになるわけ(ビニール袋を手のひらでクシャクシャに丸めた状態)。「自分は肉体である」と思ってしまうとこういう感じになるね(上記の丸まったビニール袋を更に手のひらで握り小さくなった状態)。

これ、どういうことかと言うと、言葉のプリズムで光を歪めるわけです。それで、光が歪んで、色んな干渉が出来て、色づいて、現実として見えるの。本来は、無色透明の輝きでお互い干渉し合わず、お互いに支え合ってとなるんですけど、言葉で限定するわけですね。自分は小さい肉体だとか、あいつと自分とか、神さまと自分って分けちゃう。その途端に、分けるというプリズムが色の変化を起こして、こういう小さいものになっちゃうんです。実際は、無限大の大きさですから、大きいんですよ。大きいんだけど、プリズムで小さく一部を見ちゃうの。小さく一部見ている現実をね、あると思ってしまう。現実あると思ってしまう。現実あると思ってしまうと、本来さらさらと流れているものなのに、なんとかしなくちゃいけない。これはなんとか改善しなくちゃいけないって、こう掴んじゃうんですね。すると、苦しみになるんです。病気も一緒です。本来治ろうとして表れている症状を掴んで、熱があってしんどいんだってやるわけですよね。本当は熱があって治るって喜ばなくちゃいけないのに、そういうもんなんですね。

この現実の縛りを解くのにどうするか?ということで、言葉の縛りですね、現実があると掴むのは言葉の縛りです。その言葉の縛りをどうして解くか?ということで、先生が、もう誰でもが簡単に出来てね、言葉の縛りを解く方法として、呼吸にね「宇宙神ありがとうございます」って乗せなさいっていうことを仰ってこられたわけです。なんで呼吸って言うかというと、本来呼吸そのものが真祈りなんです。でも、みんなね、自分の心で、「いや、息してるのは自分が勝手にしてんねん」と思って、こう縛ってるわけですね。呼吸を真祈りじゃなくて自分のものだとして勘違いしているわけ。その勘違いが現実を掴むことにも何もかもにも繋がっていくんですね。

先ず、呼吸が真祈りそのものだと直観できる、自覚できるまでは、呼吸に意識的に「宇宙神ありがとうございます」って乗して下さい。そうすれば、楽に現実を心から離せれるようになります。ただ質問でですね、「本当に真祈りできているのだろうか?」「自分はどうなのか?」ということで、不安があるんですね。ここでちょっと、不安を解く為に、体と心と祈り言葉を一つにする、ということでね、先生からまた特別のおまけが来ましたので、ちょっとみんなも真似して下さい。

この手のひらをこういう風に、手の平の甲を腰に当てて、片方ずつですけど、あてた手の肘を前の方へ引っ張ります。理想は、両肩を結んだ線とこの肘の線とが直覚になるように、へその方へ引っ張るんですが出来るだけで良いです。それで、ゆっくりと首を回しながら、声に出してもいいし、心の中でもいいですから「宇宙神ありがとうございます」を唱えて下さい。そうするとへその下あたりに力が籠もりますからそこに力を入れながら(できないときはあまり気にせずに、その内、わかりますから)ありがとうございますと唱えて下さい。その唱える時にですね、あの三角形、三角形で「宇宙神ありがとうございます」「宇宙神ありがとうございます」「宇宙神ありがとうございます」として下さい。三角すいってありますね。全部が三角形、その感じのイメージで、角頂点ごとに「宇宙神ありがとうございます」といいながらね、あの右も左もゆっくりでいいですから、やってみて下さい。それで、自分が納得できる回数までやればいいです。その時は必ず、深い真祈りになっているからという先生からのおまけですので、やってみてください。自信が無くなった時、ちょっと職場だったら、トイレに駆け込んで、こうしてやればいいと思います。
それで、これ先生の後押しがあるので、これやると、体が凄く健康になります。例えば、便秘症の人でも便秘が治ります。下痢気味の人は、逆に下痢が止まります。というぐらいね、全部に効果が出るのでやってみて下さい。これ先生からの新たなおまけです。よかったですね。だから、自信を失った時は、これをするということでお願いします。


[/101.141.44.67] Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

山より引用・・・ by 河上彰延 [Mail] [URL] 2018年07月30日(月) 15時19分
PC

六月の護摩焚きの様子は新着情報のアップされています。
護摩焚きの時に河上さんがお話して下さった内容を載せさせて頂きます。

ありがとうございます
もう1ケ月、おまけが先生から指示出ましたので、お話することができます。
ありがとうございます

「宇宙神ありがとうございます」を呼吸にこう乗せていくとね、呼吸そのものが真祈りそのものだとわかって、その呼吸が「宇宙神ありがとうございます」の響きになっているのが気付く時が来ます。それを今してもらっています。だから、素直に、あんまり理屈で考えずにね、呼吸に乗せるように。もし忘れても、「あ、忘れてしまった」ってね、自分を責めずにね、思い出すごとにしてもらうといいんです。

先生が特に説明しろというのは何かと言いますと、その「宇宙神」というのをみんな小さく捉えすぎ。もう一言、それだけです。「宇宙神」を小さく捉えているから、「宇宙神ありがとうございます」って呼吸に乗してもね、なんかピンとこない。なんか夜パッと目が覚めた時に、「宇宙神ありがとうございます」と思えないのね。要らん事を思っている。夜パッと目が覚めた時、朝でもそうだけど、パッと目が覚めた時に、ごく自然に「宇宙神ありがとうございます」と出てたら、かなり本物です。でも、出ないうちは、まだまだね。

何で出ないか?何で出ないか?何で自覚が出来ないか?っていうことは何かというと、神さまを小さく捉えている。これ神さまに対する絶対の信が浅いということでもあるんですけどね。もう、神さまを小さく小さく捉えているのね。みんな癖なのね。神さまと自分を分ける癖がまだあるじゃないですか。神さまと自分を分けると、分けるということは、神さまが小さいということ。だって自分と対面できる神さまだもんね。
でも、本当は違うの。神さまはもう広大無辺で、無限に無限に偉大で、無限に無限に広がった存在なのね。だから、掴みどころがないくらい無限に無限に大きい存在なんです。それをわからなくちゃいけない。
どうしても小さく捉える。小さく捉えて、小さく「宇宙神」って言って、「ありがとうございます」って言っても、小さく捉えているから乗ってこない。呼吸というのは、全宇宙に響き渡る響きなんですね。それを「宇宙神」を小さく捉えていると、全宇宙に響き渡るように意識が感(観)じれない。感(観)じれないとなんか呼吸とお祈りが一致しないのね。

まず、「宇宙神」が大きいものだというのをちょっとイメージでもいいから、思って下さい。この全大宇宙を何億万個も集めても、まだ足りないぐらい大きな存在です。先生の仰る入れ子構造っていう、螺旋構造・入れ子構造というのは、無限の無限の無限の無限の…って、ずーっと続くんですね。
だから、今、科学でわかっている大宇宙を何億個、何十憶個、何百個をまたそれを束ねて何百個…という感じで、永遠に無限なんです。それが真の神さまです。だから、絶対の中心、無限大の外遥か彼方、無限の無限の彼方からすべてのすべてへって、先生が表現されたんですね。その意味の奥深さを理屈じゃなくて感(観)じ取って下さい。
「宇宙神」を大きく捉えれば捉えるほど、呼吸が楽になって、呼吸そのものが神さまの働きそのものとなって、大地が鳴動するんです。響き渡りますから。自分の呼吸の時に。そこまで必ずみんな行けるので、行けるように先生が後押ししているので、ともかく「宇宙神」というのをもっと大きく捉え直して下さい。大きく捉え直すというのは何かというと、前言ったように、「神さまの為に生きる」なんです。

例えば、歯を磨くのも神さまの為に磨くんですよ。そしたら、手を抜かないでしょ。ご飯を食べるのも神さまの為に食べるんです。そしたら、食べ過ぎないし、食べ足りないこともない。お掃除一つとっても、神さまの為にお掃除するんです。そしたら、手を抜かずにちゃんとできる。そういう何でも何をするにしても、神さまの為に。お洗濯するのも神さまの為にするって思い直して下さい。それが絶対奉仕であり、神さまの為に生きるということなんです。

神さまの為に自分の全部を投げ出して生きるということが「宇宙神」という大きさを実感(観)できる方法なんです。自分を投げ出してないと、投げ出せない。何でか?神さまを信じてないから。わかります?神さまを信じていたら、神さまが必ず一番良いようにされているって信じていたら、プッと投げ出せるはずですよ。神さまに任せ切れるじゃないですか。「それ、いや、任せ切られへん。ちょっとこれは自分でご飯食べないとあかんねん」とかね。「ちょっと喉乾いたから、自分が先ず水飲まなあかんねん」とかなるわけですけど、それは神さまを信じ切れてないね。神さまにパンと投げ出し切れていたら、喉が渇いてなくても、必要だったら飲むし、喉乾いても飲まなくていい時ある。飲まなくて平気なの。
何があっても、例えば、大怪我してね、それこそ右腕が無くなったというような交通事故に遭ってもね、神さまが一番良いようにしてるんだって思える心です。投げ出すというのは。それを「神さまの為に生きる」と言います。だから、怪我するのも神さまの為にするんです。そこまで覚悟を決めないとダメ。自分に都合が悪いことは出来ないというのは、嘘です。神さまが全知全能で、完璧で、完全円満完璧大調和のお相象(すがた)である以上、この現世でのどんなすがたも全てプラスです。

前に言いましたけど、マイナスの姿も種の苗床の上に日陰として、マイナスの姿として、芽を出さすわけでしょ。光は強いだけじゃダメなんですね。弱める為にマイナスがある。だから、どんな形も神さまが必要で現しているんです。それを先ず覚悟を決めて下さい。そこまで覚悟を決めたら、滅多に大変なことにはなりません。それをわかって下さい。そこまで覚悟を決めると、神さまの大きさというのもわかってきます。覚悟を決めれないというのは、神さまを小さく貶(おとし)めているんですよ。

だから、「ちょっと待って。先にその前にお金用意してくるわ」とかね。「その前にちょっと働いてくるわ」「その前にちょっとご飯食べてから行くわ」とかね。まぁ色々あるんですけど。神さまを信じ切れないが為に、例えば、この護摩という、本当に大事な行事を後回しにしちゃう人が多いですね。もう本当に、断れる仕事は全部断って、この護摩に結集しなければいけない。でも、信じ切れないから来ない。「あんなん、火くべるだけや」みたいな感じでね、思っているんですね。無意識のうちに。それは神さまを信じ切れないし、何で信じれないかというと、神さまを小さく小さく貶(おとし)めているから。

現実無視もそうなんですけど、みんなね、現実を掴んで、これを改善しなくちゃいけないって無意識に思うんですよ。そう思うと、マイナスを心に取り込んで苦しむんです。本当の現実無視は何かと言うと、例えばね、映画でもテレビでもいいですけど、中でドラマが映るじゃないですか。主人公が「あ、そこ行ったら崖っぷちから落ちる!」というような所に行くじゃないですか。それを画面の外からね、「行ったらあかん!行ったらあかん!」とやっているのが現実掴んでいる状態なんです。

今の現実というのは、過去世のみんなの思いが集大成されて、ストーリーとして勝手に動いているの。これは、いじりようがないの。だから、どこでいじるか?一瞬一瞬新たに受け直すことです。わかります?一瞬一瞬新たに受け直す、何か?「宇宙神ありがとうございます」を込めることです。一瞬一瞬新たに受け直したら、神さまから無限の無限のプラスが入ってくるから、現実がどんどん変わっていく。それが大事。現実がどんどん変わっていくの。一瞬一瞬新たに受け直したら。それなのに、結果になっている画面上の、テレビ画面の外から「そこ行ったらあかん、あかん。落ちるから行かないで。行かないで。」とやっているの。みんなね。それが現実、今ある現実を掴むという。
病気も一緒です。「この病気、治れへん。治れへん。」というのはね、画面の外からいじっているようなものなの。それはほっといて、楽しみにしといて、それで「宇宙神ありがとうございます」って言って、一瞬一瞬新たに受け直すんですね。受け直すと、より大きなプラスがどんどん入ってきて、変わる。その受け直す大きさがね、神さまを小さく貶(おとし)めていると、少ないわけ。だから、今まで先生から聞いて、「一瞬一瞬新たに新たに」って、「ありがとうございます、ありがとうございます」ってやっているけど、「あかんねん」となるわけですよ。それは、神さまを小さく貶(おとし)めていたの。「ありがとうございます」という言葉を貶(おとし)めていたのね。

その「ありがとうございます」という言葉は、無限に無限に偉大な言葉なんですけど、それを貶(おとし)めてしまっているので、先生は、更に「宇宙神」って付けてですね、新たに受け直すことをされているんですね。だから、「宇宙神ありがとうございます」を悠々と呼吸に込めて、大きく大きく受け直して、一瞬一瞬新たに受け直すと、この地球が変わりますから。みんなの生活なんて、もうどうでもいいの。地球が変わって、平和な世界になりますので。

何か、「宇宙神ありがとうございます」を込めることとか色々なことで質問があったらして下さい。

無いようなので、いつも無いようなので。あの、言いにくいようだったらね、紙に書いて司会者に渡しておいて下さい。そしたら、この質問の時間に答えるようにしますから。やっぱり、みんなの前で言いにくいよね。

質問
「今、呼吸のことを仰いましたが、宇宙神ありがとうございますを唱えていても、呼吸が浅いな、今、肩で息しているな、そう思った時により深く呼吸をするっていうふうに、瞬間切り替えるのは…」

自由にやったらいいです。呼吸はね、深さはあんまり関係ないの。例えば、走って行かないといけない時ってね、やっぱり呼吸が短くなるでしょ?必要に応じてなっているんですよ。それを自分の我の意識で、小さい意識でね、「延ばさなあかん」とかね、それちょっと違うんです。本当に「宇宙神ありがとうございます」に乗していくとね、自然に延ばさなあかん時は延ばします。短い時は、短い。忘れていい時は、忘れるんです。だから、忘れてもいいですからね。ただ、思い出した時は、自分を責めずにまた込めて下さい。それが大事です。

それで、最初にお話したように、パッと目が覚めた時、お昼寝していた時でも、いつでもいいですけど、目が覚めた時に、無意識に「宇宙神ありがとうございます」って出ていたらね、だいぶん深くなったなぁって。本当にわかると、「宇宙神」という真の神さまの広大無辺さが実感(観)できて、本当にね、大地が鳴動しています。実際には鳴ってなくても、自分には鳴っているのがわかります。そこまで行きます、みんなね。でも先ずは、パッと目が覚めたら「宇宙神ありがとうございます」って思えるようになるくらい、込めて下さい。

後、(質問)ありますか?
無いようなので。先生からの大きなメッセージはこれだけです。

地球としては、いよいよ大変なところにきています。経済的にどこの国も戦争しないと、立ち直れない状態に今あるんですね。無意識に戦争を望んで、大変ことになりそうな状態です。この状態が3年程続きます。この3年間に、どれだけ真祈りができるか、ある意味勝負ですのでね。力まなくていいです。でも、自分の普段のこの呼吸が、地球を救うんだと思って、「宇宙神ありがとうございます」って乗せて下さい。すごく大事なことなんです。その当たり前にできる、当たり前のことが一番大事なんです。それも出来ずにね、ただ「どこか行って、するんだ」とかいうのは、ちょっと違うのね。

普段のことが、普段真祈りでビシッと出来るから、全部が生きてくる。それ思って下さい。
だから、「自分は主婦だから、お掃除・お洗濯・御三どんだけで何もしてない」じゃないんですよ。そのお掃除・お洗濯・御三どんに神さまの為にするっていうのを込める、真祈りを込めることが大事なんです。これは、男の人でもね、「自分はしょうもない会社に来て、しゃあないから働いてるねん」とみんな思っているわけですけど、そうじゃないね。しょうもないか、しょうもなくないかは、神さまが決めることで、この現世的には、どうでもいいんですよ。どんなお仕事でも、「神さまの為に働く」として働くことが大事。今やっているお仕事をね。それが深い真祈りなんです。それがみんな出来たら、あっという間に変わるんですよ。
だけど、みんなは、ほとんどの人は、「そんなん言ったって、働かないと明日から食べていかれないし」とこうなるわけね。それで、ぶつぶつ言いながら働く。御三どんでも、「なんで私だけこんなしんどいめするの?。365日、休み無しでお食事のしたくしなくちゃいけないの」って文句を言いながらするようになってくるのね。そのマイナスが、戦争になるんです。
イエスが「罪なき者、汝ら罪なき者、この女に石を持て打て」って言うんですけどね。みんな石を下ろして、帰っちゃうのね。それくらい、みんな無意識に生まれてきてから、この今に至るまで、人を責めているんですよ。「アンタ、そんなんしたらあかんやろ。そんな怠けてどうするんや。もっと働け」てね。色んなことありますけども、責めているんです。その責めているマイナスがね、どんどん集まって、戦争になっていくんです。
みんなは、「こんなんあかんって、ちょっと注意してやっただけや」って、こう思っているわけです。その「注意してやっただけやで」が大きな火種になっていくんです。

この世で、例えば、山で煙草を吸う。マッチをポイっと捨てた、って言ったら、よっぽどじゃないと火は上がらないですよね。でも、言葉のマイナスはね、全部綺麗に残って、集まって、利息付いていくんです。それが戦争になります。今は、その集まったものが一杯一杯になって、もう大変な状態です。

この護摩の、毎月の護摩の真祈りでどんどん消しています。間違いなく消えますし、でも、それでも追いつかないから、先生の悟りをみんな分け与えるということで、「宇宙神ありがとうございます」を呼吸に込めてもらっています。だから、素直に込めていて下さい。
 出来るだけ、余程の用事がない限りは、護摩に参加して下さい。お願いします。

そういうことで、他の人もね、ちょっとわからない人でも騙して、連れてきて、参加させて下さい。よろしくお願いします。ありがとうございます

宇宙神ありがとうございます

音声は、こちらからどうぞ。 https://youtu.be/xwrtf4y6HEo


[/101.141.44.67] Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/49.0.2623.112 Safari/537.36

新着順1〜10件/全4068件

    

Ir-i-BBS version 1.85b
Copyright (c) 1999 by Irao
管理人モード

ありがとうございますに戻る